今年は10月1日~ 25日オンラインで、開催します。
一部アーカイブは2021年9月30日まで公開します。

東京都港湾局の環境改善と保全に向けた主な取組
東京都港湾局

東京都港湾局では、東京港の水環境再生に向けて新たな海浜・浅場の整備、汚泥のしゅんせつ・覆砂の実施などの取り組みを推進しています。

目次

葛西海浜公園の干潟

東京の海はかつて豊富な魚介類に恵まれ、海苔の養殖場が一面に広がるなど、人々の生活を支えるとともに、潮干狩りや釣りなどが楽しまれる賑わい溢れる場でした。
しかし、昭和30年代の高度経済成長を契機に臨海部では大規模な埋立てによって、都民と東京の海とのつながりは希薄なものとなってしまいました。
このような背景を受けて東京都は都市と自然の調和を目指すことを掲げ、東京の臨海部において、海上公園を整備する事業をスタートしました。
葛西海浜公園はそうして整備された海上公園のひとつです。

〇干潟の生い立ち〇
葛西海浜公園は、延長約800mの2つの人工なぎさと、沖合2㎞まで広がる海域からなっています。「西なぎさ」はバーベキューや潮干狩り等、海辺でのレクリエーションを楽しむことができます。「東なぎさ」は自然環境を保護するため、一般の立ち入りを禁止しています。

〇様々な生き物が生息〇
公園が造られてから数十年以上が経ち、葛西海浜公園の干潟では、スズガモなどの鳥類や魚類、二枚貝など様々な生物が生息し、ハマゴウなど多くの植物も見られるようになりました。
自然環境保護のための人の立ち入りが規制されている東なぎさは、鳥類の生息にも重要な役割を果たしており、スズガモやカンムリカイツブリなどの渡り鳥が越冬に飛来しています。また、遠浅の海は魚類の産卵場や稚魚の成育の場になっているほか、この公園が位置する東京湾はトビハゼの北限にもなっています。

上の写真をクリックすると葛西海浜公園の動画をご覧いただけます。

〇干潟の保全・文化の継承〇
葛西海浜公園が位置する場所は、かつて、漁業活動や住民の憩いの場としてにぎわっていました。経済発展とともに失われてしまった地域の文化を復活させるため、現在、海水浴体験や海苔づくりなどのほか、NPO等による水質改善の取組として、水質浄化能力が大きいカキが付着する「竹ひび」の設置が行われています。また、清掃活動や観察会など、貴重な干潟を守っていく活動が行われています。

〇ラムサール条約〇
葛西海浜公園は平成30年10月にラムサール条約湿地に登録されました。大都市に残された広大な干潟の環境が保全され、人々の様々な営みが豊かな自然と共存しているこの公園は、国際的にも貴重な事例となっています。

汚泥しゅんせつ・覆砂

東京港内、特に運河に堆積している汚泥(海底にたまったヘドロ状の泥)は、悪臭を発生させ、不快感をもたらす一因になります。こうした現状を改善するため、東京都港湾局では東京港内の運河部において、汚泥しゅんせつ及び覆砂を実施しています。
汚泥しゅんせつとは、運河に堆積する底泥から溶出する汚濁物質の低減を図るため、この底泥を除去する取組です。水中の汚濁物質が低減されるため、赤潮や青潮の発生抑制への効果も期待されます。
また、覆砂とは運河水底の汚泥を、きれいな砂で覆い被せることで悪臭の発生を防ぎ、汚濁物質の溶出を軽減する取り組みです。
都では昭和47年度から現在まで、継続して汚泥しゅんせつと覆砂を行っています。これまで450万m3以上の量の汚泥を運河から取り除き、約13万m2の広さの覆砂を運河内で実施しました。

「東京国際クルーズターミナル」が9/10(木)に開業しました。海に面し広い空間を備える当施設をイベント等で利用しませんか?
http://www.tptc.co.jp/terminal/guide/cruise/event#events

各種お問い合わせは

東京都港湾局のHPはこちら

東京都港湾局
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる