今年は10月1日~ 25日オンラインで、開催します。
一部アーカイブは2021年9月30日まで公開します。

未来に
もっと輝きを
あおみ建設株式会社

創業以来、青い海に囲まれた日本の国土を開拓し続ける、あおみ建設。
強みとなる海洋土木技術のほか、陸上土木や地盤改良などの高い建設技術を活かして、地域の人々の生活や経済の基盤となる社会資本整備の一翼を担っています。
海と空、地球という3つの“あお”を美しく保ち、未来へとつなげていくために。
あおみ建設は、自由で豊かな発想を育む企業文化を創造するとともに、人や社会、地球環境と調和しながら、安全で快適な社会基盤と生活基盤の整備を行います。それは、私たちが快適に暮らす空間の創造や、安心して生活できる公共インフラの整備に役立っています。

目次

羽田空港も本牧埠頭も! 東京湾のあちこちにあおみ建設の技術が活かされています

あおみ建設は、これまで全国各地の港湾空港をはじめとする公共インフラを整備してきました。日本を代表するビッグプロジェクトに参画し、高い技術力により経済の基盤となる重要な社会資本の整備に貢献しています。東京国際空港D滑走路など、東京湾の要所であおみ建設の建設技術が活かされています。

【東京湾における主な施工実績】
・東京国際空港(D滑走路)
・本牧埠頭/大黒ふ頭
・南本牧埠頭/新本牧埠頭
・象の鼻地区整備工事
  ほか

サイドコンパクション船や水中バックホウなど独自の作業船と建設機械が活躍しています

あおみ建設は、高い地盤改良技術を用いて、地震時の液状化対策や軟弱地盤の圧密沈下対策等を行っています。独自特許技術や専用の作業船、建設機械を多数所有していますので、港湾や河川の重要な施設に対して水中または陸上を問わず、砂やセメントを使用した地盤改良が可能です。
写真のサイドコンパクション船「KSC-K75」は、海底地盤にケーシングパイプで砂の杭を打ち込む専用の作業船で、砂杭を同時に3本造成できる三連装タイプです。施工時にケーシング内の砂面の高さをリアルタイムで計測する電波式砂面位置計測装置(ASLシステム)を搭載し、より高品質な改良杭を造成できるため、空港の滑走路建設工事などで活躍しています。

【所有する作業船、建設機械】
・サンドコンパクション船「KSC-K75」(海上地盤改良船)
・フローティングドック「KFD-6500」(ケーソン製作台船)
・サンドコンパクション施工機(陸上用)
・水中バックホウ「ビッグクラブ」
  ほか

災害から、環境汚染から、みんなを守る取り組みを進めています

あおみ建設では、耐震補強や維持管理に関する技術の開発や社会貢献活動を続けてきました。近年規模が大きくなりつつある自然災害に対応する技術を開発し、供用中の施設であっても、工事期間の使用者への制限を極力抑えながら防災・減災のための補強工事を行えるように工夫しています。写真の「水底土砂ポンプ浚渫工法」は、ため池の汚染物質を除去するために新規開発した「浚渫機材」および「浚渫方法」であり、汚濁を一切発生させずに、任意の層厚で浚渫が可能な工法です。第22回 国土技術開発賞で入賞を受賞しました。
また、現場見学会の開催やボランティア活動といった社会貢献活動も積極的に取り組んでいます。横浜市が支援する「みなとみどりサポーター」の清掃ボランティアでは、象の鼻パーク周辺の堤防清掃やゴミ拾いを実施して、横浜らしい魅力的な水辺の環境整備に一役買っています。

【防災・減災・環境関連開発技術】
・水底土砂ポンプ浚渫工法
・Re-Pier工法(伸縮式ストラット工法)
・KS-EGG工法(静的締固め砂杭工法)
・KS-S・MIX工法(相対撹拌式深層混合処理工法)
  ほか
【社会貢献活動実績】
・みなとみどりサポーター(象の鼻パーク清掃ボランティア)
・千葉みなとクリーンアップ大作戦
・渡良瀬遊水地クリーン作戦
  ほか

各種お問い合わせは

あおみ建設株式会社

こちらからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる