今年は10月1日~ 25日オンラインで、開催します。
一部アーカイブは2021年9月30日まで公開します。

横浜市⻑・林文子様から祝辞メッセージをいただきました

横浜市⻑・林文子様

東京湾大感謝祭2020の開催、誠におめでとうございます。

新型コロナウイルス感染症が拡大するなか、今年度はオンラインで開催することになりました。開催に向けてご尽力いただきました実行委員会のみなさま、関係者のみなさまに厚く御礼申し上げます。

このたびのイベントは、みなさまが距離を超えて、楽しみながら思いを共有できる催しです。動画の配信をはじめ、オンラインワークショップやトークショーなど、新たな情報発信・交流の場となることを大変楽しみにしております。

横浜市は、国から選定されたSDGs未来都市として、2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロ「Zero Carbon Yokohama」を宣言しています。その実現に向け、横浜港では、クリーンエネルギーであるLNG燃料を供給できる、日本初となるLNGバンカリング拠点の形成を進めています。環境負荷の少ない船舶の受入れを進め、クリーンな海洋の実現に貢献していきます。また、世界トライアスロンシリーズ横浜大会で発生するCO₂を、ブルーカーボンによりオフセットするなど、海洋資源を活用した温暖化対策も進めています。

今回のイベントでは、「横浜ブルーカーボン事業」のほか、横浜の海の生き物や、マイクロプラスチックの問題への取り組みについて、動画でご紹介します。横浜の未来を担う子どもたちが、「わたしたちの海とわたしたちができること」をテーマに、プレゼンテーションを行うプログラムもご用意しました。

この機会を通じ、多くの方が海の魅力に目を向け、環境問題について考えていただけることを、心より願っております。

むすびに、東京湾大感謝祭2020のご成功をお祈り申し上げ、お祝いのことばとさせていただきます。

令和2年10月1日 横浜市長 林 文子

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる